カテゴリー「(ワ)和田竜」の2件の記事

『のぼうの城』 和田竜

こちら

よーやく読みました、今年の話題作!!

キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー

最初に『忍びの国』読んでるだけに、

ホントにおもしろいのか??

って、ちょっと疑問だったんですけれど、

世間の評に間違いなし!でした( ̄▽ ̄)σ

あらすじは、以下の通りです★

信長の死後、いよいよ天下統一を目前にした秀吉は、

最後の敵、小田原の北条攻め決意します。

秀吉時代の日本国内最後の大戦(おおいくさ)。

秀吉は、

武功がなくて加藤清正らに馬鹿にされている石田三成を

この戦で優雅に勝たせて味方の評価を上げようと仕向けます。

石田三成自身も、そんな秀吉の意向を汲み取って、

それ以上の武功をあげ、

秀吉にあっと言わせようと戦地に向かいます。

石田三成が総大将として攻める城は、

北条方の支城のひとつ「忍城(おしじょう)」。

しかし、忍城を守る大将は、

三成の思考のはるか上を行く人物でした。

その大将の名は、成田長親(ながちか)。

そう、それこそが我らが大将「のぼう様」―――。

と、まぁ、三成側のあらすじを書いてみました♪

だって、のぼう様側から書いたら、

最後まで書いてしまいそうだから♪

(〃∇〃) てれっ☆

なんだ、この、

登場人物ひとりひとりのキャラの良さは!?

のぼう様もアッパレ、

石田三成もアッパレ、

史実として、結果として石田三成が「のぼう様」に負けるのだけれど、

石田三成の最後の振る舞いも良かった

(* ̄∇ ̄*)

石田三成を悪人に仕立て上げなかったのが、

まずこの小説の成功だろうね~。

そのぶん、

石田三成に従う長束正家を小悪人に仕立てて

ピシッと小説にアクセントを与えてます。

同様に、

「のぼう様」に全くといって権限を与えなかったのも

本作品の醍醐味。

成田家家臣の、

正木丹波(たんば)―鎧、黒

柴崎和泉(いずみ)―鎧、朱

酒巻靱負(ゆきえ)―鎧、古風な大鎧

が、思い思いに自由に働いてくれる。

その環境が、結果的に「のぼう様」を引き立てます。

あ、、、

「のぼう様」「のぼう様」言ってるけど、

「のぼう」って、

「でくのぼう」から取ったあだ名だからね

(」°ロ°)」ナント

家臣・領民から「慕われてる」ともちょっと違う、

「恐れられてる」なんてとんでもない、

一番似合う言葉が「愛されている」

そんなお人なのです( ̄▽ ̄)σ

最後に最後に、

実は今、週刊誌『スピリッツ』で、

この『のぼうの城』がマンガとして連載中です。

漫画家は、『美味しんぼ』で有名な花咲アキラさん。

あたしは、コレも楽しみに読んでるんですけれど、

「のぼう様」の絵が、

大泉洋さん似なのね~。

ああ、なるほどね!

たしかに、原作読んでみると、

大泉洋だわ♪(〃∇〃) てれっ☆

映像化したら、

確実に大泉洋さんをキャスティングしてほしい!!

そう、願います(。-_-。)ポッ

石田三成役は、誰がいいだろう・・・!度★★★★★(5つ星)

にほんブログ村 本ブログへ←クリックすれば、ランキングアップ♪

| | コメント (2) | トラックバック (1)

『忍びの国』 和田竜

こちら

実はコレ、

けっこう前に読みました。

感想書かなきゃ書かなきゃと思いつつ、

逃げてました( ̄∇ ̄;)アハハン

とりあえず、

あらすじはタイトルそのもの、

忍びの国のお話です。

忍びと言えば、伊賀と甲賀とがありますが、

主人公は伊賀モノ★

ホントの名前は自分でもわからないけれど、

「コイツの前では城門なんてあってないもの」と

皆が『無門』と呼ぶので、

主人公の無門はそれ以上名前にこだわりません。

で、

その無門たちが戦う相手は、甲賀モノではなく、

戦国最強の織田軍です。

なぜ忍者が織田軍と戦うか。

それは、織田軍に勝てば、

たちまちウワサが全国を駆け巡り、

いまだ群雄割拠の日本中から雇用のお話が舞い込むからです。

そう、つまりは金のため。

そのなかでも、無門の戦闘力はずば抜けていました。

しかし、

織田軍だって、雑魚の集まりじゃない。

それは、皆さんの御存知の通り( ̄▽ ̄)σ

無門は、

最強のライバル日置大膳(ひきたいぜん)

戦場で刃を交わすことになるのでした。

とまぁ、

再び借りてきた本をペラペラめくり、

あらすじを書いてます φ(.. ) カキカキ

(間違ってたら、ごめんちゃい)

そして、ここからが感想。

ストーリー、

なんだか整理されてない感が・・・( ̄∇ ̄;)

マイナーな武将がいっぱい出てくるため、

読者は予備知識なく

本の世界に入り込まなきゃいけないのだけれど、

いまいち

それぞれの人物に魅力を感じない~

( ̄□ ̄;)

ちなみに、無門の仲間には、

のちの大泥棒・石川五右衛門がいるのだけれども、

これもパッとしないんだよね~( ノД`)シクシク…

なんせ、この時代の石川五右衛門は、

「盗み」にまったく興味が無いらしい・・・

(  ・_・  ;  )えっ?

もったいない!!<(T◇T)>わぁああああ

せっかく魅力ある一面があるのだから、

作者の和田さんも、

そういう側面からキャラを作っていけばよかったのに~。

そこが、読み終わってどうしても気になりました。

つまらぬもの斬りまくり・・・。

(ルパン3世の石川五右衛門が泣くよ・・・)

ではでは、最後に、

あたしがツボにはまった箇所を抽出いたします♪

「鎖帷子(くさりかたびら)か」

大膳は自らの太刀を一瞥した。

刃がわずかに欠けている。

(中略)

「壊れたわ」

(無門が)つぶやきながら、

ずるりと胸元から引き摺り出したのは、

鎖で作った上半身を覆う鎖帷子である。

投げ出すと重量感をもって地面に落ち、

鎖の山となった。

無門が外したのは鎖帷子だけではない。

今度は股ぐらに手を突っ込むや、

下半身を覆う防刃衣(ぼうじんい)をも引き出した。

(中略)

「貴様―――」

大膳は、

高々と積みあがった鎖の山を見て唖然とした。

この全身を覆う鎖の着込み。

どれほどの重さがあるというのだ。

「―――これであの体術を」

「戦場で外したことなどないからな」

無門はそう言いながら、頸(くび)を軽く鳴らした。

「どう動くかわしにもわからんぞ」

不敵に笑うなり、消えた。

え~と・・・

え~と・・・

ドラゴンボール??( ̄∇ ̄;)

それでも、

未読の『のぼうの城』には興味あり!度★★★☆(3つ星半)

にほんブログ村 本ブログへ←クリックすれば、ランキングアップ♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)