カテゴリー「(シ)朱川湊人」の1件の記事

『花まんま』 朱川湊人

こちら

第133回直木賞受賞作です。

本屋さんで見たことある人もいらっしゃるのではないでしょうか。

さて、

わたしはずっと、「花まんま」ってナンダロウ?と思ってました。

「ずっと花のまま」っていう意味かと想像してました。

実際は大はずれ!!

実は、「花の『飯(まんま)』」って意味でした!!φ(..)カキカキ

なるほど。。。!!

この本は、短編が6つ集められてます。

その中で、私のオススメは、「妖精生物」「花まんま」

「妖精生物」は、成長期前の女の子が「性」を知る世界、

「花まんま」は、前世の思い出をもつ少女の兄の物語、です。

こうやって書くと、なんかホラーっぽくなるのですが、

実際は、それは簡単に裏切られます(」゜ロ゜)」 ナント

ぜひ一度、本を手にしてみてください(^―^) 

去年の話題本だから、

もうチラホラと図書館でも見かけるかも!度★★★★★(5つ星)

| | コメント (0) | トラックバック (0)