カテゴリー「(オ)小野不由美」の1件の記事

『十二国記 ~黄昏の岸 暁の天~』 小野不由美

こちら

えー、『十二国記』シリーズはアニメの方から出会いました。

今回はじめて本を読んだわけです。

まずは、簡単に『十二国記』の世界を説明しましょう♪

『十二国記』とは、そのタイトルのとおり、十二の国の物語です。

では、

どこの十二の国の物語か?

って、ことですが、

そーですねぇ、コチラの世界ではない、十二の国の物語です。

(ちなみに、慶、奏、範、柳、雁、恭、才、巧、戴、舜、芳、漣という十二の国)

おっ!地図を発見!!

キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー

こちらです★

Map

(クリックで拡大します♪)

あ、真ん中の「黄海」は神々の地で、国ではありません。あしからず。

φ(.. ) カキカキ

で、ですね、

この十二の国にはそれぞれに同じシステムの王制がありまして、

と、いうのも、神がその国の王を決めているのです!

だから、いっしょなの★ ( ̄▽ ̄)σ

そして、

その神の「天啓」に従って、実際に王を選ぶのが、各国に一人いる麒麟

物語は、

大体、王or麒麟とが中心となって、進行していきます。

(まだ『十二国記』初心者なんで、断言はできません・・・)

ふぅ!

と、まぁ、以上簡単なあらすじでした(* ̄∇ ̄*)

ここからが、よーやく、

この~黄昏の岸 暁の天(そら)~』の感想です!!

(」°ロ°)」ナント

舞台は、北の国「戴(たい)」

長い間、王が不在で荒れに荒れた国でした。

ですが先ほど、

幼い麒麟があたらしく驍宗(ぎょうそう)という徳者を王位に就けました。

驍宗は、前戴国王に仕える将軍で、

この度の王位継承直後より、

戴国各地の反乱等をおどろくべきスピードで平らげてきました。

が、

その驍宗が遠征地で突如行方不明に!!

さらに、

麒麟まで戴国から姿を消してしまうのです!!

( ̄□ ̄;)ガーン

戴は再び荒れ、

戴国の将軍李斎(りさい)は、ついに慶国の女王陽子に謁見。

戴国を救ってくれと頼むのです!!

ちなみに、

ココまでが上巻です。

下巻?

まだ読んでないよーん(T_T)

ああ、早く続きが読みたいのだ~!!

<(T◇T)>わぁああああ

以上でーす♪

この紹介で内容が少しでもわかってくれたら嬉しいです!度★★★★★(5つ星)

にほんブログ村 本ブログへ←クリックすればランキングアップ??

| | コメント (2) | トラックバック (0)