カテゴリー「(シ)司馬遼太郎」の2件の記事

『殉死』 司馬遼太郎

こちら

えー、何を思ったか、司馬遼太郎の文庫を手に取りました。

あたしは元来、日本史は好きなんですが

司馬遼の小説あまり読んだことないんです。

他の歴史小説家の本は読んできたんですけどね。

いま思えば、不思議~★

さてさて、

本題です。

主人公は、乃木希典

長州出身で、日露戦争で英雄となり、昭和天皇の教育係となり、

そして、明治天皇大葬の日に切腹して殉死した人

そんな人を、司馬遼は、やや滑稽に書いてます。

滑稽・・・

たとえば、すっごいまじめな人が、

すっごいまじめにクラブでダンスする感じ??

失笑と言うか、場違いと言うか。。。

そう、

乃木希典は陸軍に場違いな存在であった

そういう風に書いています。

とくに、日露戦争の「二〇三高地」の攻撃においては、

かなりイタイ。

頭の堅い爺さんタイプです。

兵が死んでも死んでも、自分の作戦を替えない・・・。

そして、また兵が死んでいく。

間違いなく、場違いな司令官です。

そうそう、余談ですが、

じつはあたし、

実際に中国遼東半島に行ってます(* ̄∇ ̄*)

この激戦地「二〇三高地」にも実際に行ってます。

銃弾のあととか、ロシアの塹壕とか、今でもちゃんと残ってます。

だから、司馬遼のこの激戦シーンはちょっと感慨深かったです。

はい、余談おわりです★

この小説を読み終わって感じたのは、

乃木希典はその人個人で見るなら「まじめすぎて面白い人」

ただ、乃木大将として見るならば、

「昭和の日本軍に極端な思想をたたきつけた人」でしょうね。

以上でーすφ(.. ) カキカキ

ものごとは、柔軟な頭と柔軟な姿勢のほうが良い!度★★★☆(3つ星半)

にほんブログ村 本ブログへ←クリックすれば、ランキングアップ??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『功名が辻』(4)

わたしが書く歴史小説の参考にと、

司馬遼太郎『功名が辻』を1冊借りてきました。

参考なので、いきなり(4)からです(゜∇ ゜)ブヒャヒャヒャヒャ

(4)は関ヶ原の合戦から、主人公の千代が死ぬまでが収められてます。

物語の流れが面白くて、2日で読み上げました。

もちろん、頭の中のイメージは千代=仲間由紀恵です☆

ちなみに、原作は大河ドラマとちがい、ときどき千代の心の声が(カッコ)で描かれてます。

それがね、

かなり一豊=上川隆也を小バカにしてます(」゜ロ゜)」 ナント

さてさて、これから大河ドラマではどんな脚本がされるのでしょうか?

楽しみです(^―^) ニコリ

ちなみに、歴史小説として参考になったところは、

やはり現在形(~する)を多用する上手さです。

文献ばかり漁って歴史小説を書くと、どうしても過去形(~した)が多くなります。

(わたしの小説がいい例です)

いや、

いろいろ勉強させていただきました!

面白い!度★★★★★(5つ星)

| | コメント (5) | トラックバック (0)