« 『さよなら渓谷』 吉田修一 | トップページ | 『忍びの国』 和田竜 »

『東京島』 桐野夏生

Tokyojima_2

これまた、前々から気になっていた小説です。

簡単にあらすじを書きます( ̄▽ ̄)σ

清子と隆夫婦が、無人島に漂着した。

そう、まったくの無人島。

それから3ヵ月が過ぎ、

今度は若者が二十数名漂着した。

若者は望郷の念から、

その島を「トウキョウ島」と名付けたが、

隆は、それを馬鹿にしていた。

しかし、島での生活は世間とは関係なく、

秩序というものを形成しつつ破壊しつつ、

支配者を替えていった。

当初、年長の隆が

若者との共同生活をまとめていたが、

ある日、

崖から落下して死んでいるのが発見される。

その背景には、

島唯一の女性、清子の取り合いがあった。

3年後、トウキョウ島に中国人が「捨て」られた。

日本への密航の際、金銭トラブルの結果だと言う。

ただし、もちろん言葉は通じない。

こうして、無人島という非文明世界で、

異文化生活がはじまった。。。

うーん、

これ以上は書けないなぁ( ̄∇ ̄;)

ただ、異文化が混じるということは、

それはつまり、対立を生むということ。

そして、目に見える敵を作るということは、

それは仲間を支配しやすいということ。

仲間とは、誰か。

裏切るのは、誰か。

はたして、みんなこの島を脱出できるのか。

その際、対立メンバーは、やはり置いて行かれるのか。。。

まぁ、

疑心暗鬼のオンパレードですよ( ̄∇ ̄;)

主人公は、一応は島唯一の女性・清子になるのかなぁ??

でも、章ごとに

いろんな「島民」の視線からものごとが描かれていて、

なかなか面白いです。

たとえば、

清子は中国人グループ(呼び名は「ホンコン」)を

こう思ってたけれども、

他の日本人は、別の見方をしていたとか。

物語のラストは、

うーん、意外といえは意外。

これまた、深く記せないのが残念(* ̄m ̄) ププッ

もし、この本を目にしたなら、

ぜひ手にとって読んでみてください。

感想を語り合いましょう(* ̄∇ ̄*)

無人島に

ひとつだけ持って行けるならナイフ!度★★★★(4つ星)

にほんブログ村 本ブログへ←クリックすればランキングアップ♪

|

« 『さよなら渓谷』 吉田修一 | トップページ | 『忍びの国』 和田竜 »

(キ)桐野夏生」カテゴリの記事

コメント

(* ̄ー ̄*)はじめまして~
ブログ村からみつけてやってきました^^
私もこれ数ヶ月前に読みました
読む前に新聞のオススメ?か何かでざっくりあらすじを知り
おもしろそ~と手に取りました

ラストは、・・・
ハッピーエンドなのかいなか、
読む人によって違いますよね

無人島にはやはりサバイバルナイフ(なんでもついてるやつ)ですね。

投稿: じゅりまの | 2008年11月 6日 (木) 13時57分

つたまるさん☆こんばんは
どうやって生きていこうか?と思っている間は一致団結できるけど、ある程度余裕ができると人間って勝手なものですね。
それぞれの思惑が色々と出てきて、派閥もできて、こんな南海の孤島でも人の顔色を見て生きていかなければいけないなんてねぇ~! (-_-;)

投稿: Roko | 2008年11月 6日 (木) 21時27分

じゅりまのさん、
はじめまして~(* ̄∇ ̄*)
ラストは、どんな結末でも良くて、
「ああ、桐野さん(作者)はソレを選んだのね」って
感じでしたね( ̄▽ ̄)σ
でも、なかなか余韻が残って個人的にはグッドです♪♪♪
そ!
無人島にはナイフ。
長期滞在なら、それと筆記用具!!(* ̄m ̄) ププッ
あ★
それと、じゅりまのさん、
じつはこのブログは、
『つたまる喫茶店』というホームページの一部なのです♪
もしよかったら、
『つたまる喫茶店』にも遊びに来てくださいませませ
(〃∇〃) てれっ☆


Rokoさん、
よーやく読めました★
個人的には、ワタナベが好きかも(。-_-。)ポッ
亀仙人のじっちゃんですからね(* ̄m ̄) ププッ
もうちょっと人望があれば、
物語は大きく変わったでしょうね~。
でも、
実際にこのメンバーで無人島で生活することになったら、
うーん、あたしはホンコンと一緒に暮らすだろうなぁ★
トーキョーの歴代のリーダーは、
あんまり魅力なかったなぁ( ̄∇ ̄;)

投稿: つたまる | 2008年11月 7日 (金) 03時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『東京島』 桐野夏生:

» 『東京島』桐野 夏生 [きょうの子牛]
東京島桐野 夏生新潮社このアイテムの詳細を見る注)ネタバレに触れる記載があるかもしれませんので気になる方は読まないでください。 【ストーリー】 清子と隆夫婦はクルーザーで世界一周旅行の途中、嵐にあい、無人島に漂着した。 そしてその3ヵ月後、今度は与那国島の野生馬調査に雇われた若者たちが 廃船同様の漁船で脱走を企て台風に遭って漂流し島に流れ着いた。 それから5年、誰も助けにはこず、 無人島は「東京島」と名づけられ、32人の島民中、清子はたった一人の女性だった。 突然ですが、 「もしあなたが無人島に行... [続きを読む]

受信: 2008年11月 6日 (木) 13時56分

» 『東京島』 桐野夏生 [Roko's Favorite Things]
東京島posted with amazlet at 08.07.28 桐野 夏生 [続きを読む]

受信: 2008年11月 6日 (木) 21時22分

« 『さよなら渓谷』 吉田修一 | トップページ | 『忍びの国』 和田竜 »