« 『社長をだせ!ってまたきたか!』 監修川田茂雄 | トップページ | 『はじめての文学 川上弘美』 文藝春秋 »

『武士道シックスティーン』 誉田哲也

こちら

誉田作品で、誰も死なない異色小説(!?)

そして、爽やか!!(」°ロ°)」ナント

すごいね~、

江戸無血開城の勝海舟も西郷隆盛も

ビックリデスヨ( ̄∇ ̄;)

ではでは、

簡単に主人公を紹介( ̄▽ ̄)σ

まずは、磯山香織。高校一年生。剣道部。

経歴、全中2位の剣士

剣道スタイル、攻撃型

尊敬する人物、宮本武蔵

愛読書、『五輪書』(宮本武蔵著)。

そして、もう一人。

西荻早苗。高校一年生。剣道部。

経歴、横浜市民大会ベスト8

剣道スタイル、守備型

尊敬する人物、う~ん・・・外山選手?(雑誌『剣道日本』より)

愛読書、『ハチミツとクローバー』(マンガ)。

この、言わば「水と油」の2人が、

最高のライバルとして剣を交わす、青春小説です★

ただ、最初っからライバルだったわけではないんです。

先ほど経歴に挙げたように、

磯山と西荻の実力は、天と地ほどの差があります。

でも、

でも、

でも!!

じつは、西荻の横浜市民大会ベスト8の成績に秘密があるのです。

なんと、

その大会で西荻は磯山に直接対戦し、

勝っちゃってたのです!!

そーなると、磯山のプライドが黙っていません。

同じ高校に入学し、リベンジを挑みます。

が、

当然といえば当然、

磯山が圧勝します。

だから、磯山は西荻に逆上します。

「本気で戦えよっ!!」って・・・。

西荻にしてみりゃ、本気も本気。

真面目にやってるのに、磯山は聞く耳持ちません。

「この人、普通じゃない(T_T)」と心で泣きます( ̄∇ ̄;)

ま、ま~ね~、

磯山は、普通じゃないタイプです( ̄□ ̄;)

設定としては、『ジウ』シリーズをそのまま踏襲した感じ。

磯山=伊崎基子

西荻=門倉美咲

むしろ、『ジウ』3部作を書いてないと、

この作品は書けなかったんじゃないかとも思いました(* ̄∇ ̄*)

ひょっとしたら、

これからも誉田作品は、このスタイルを踏襲するかもね♪

いーよ、いーよ★

対照的な2人の主人公が絡んでいくストーリー、

嫌いじゃないよ( ̄▽ ̄)σ

これからの誉田作品にも、期待大ですね♪♪♪

本の紐しおりに紅白2本用意するなど、

装丁もイイ!度★★★★★(5つ星)

にほんブログ村 本ブログへ←クリックすれば、ランキングアップ!

|

« 『社長をだせ!ってまたきたか!』 監修川田茂雄 | トップページ | 『はじめての文学 川上弘美』 文藝春秋 »

(ホ)誉田哲也」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
TB、コメントありがとうございます。
誉田さん、初読みだったんですが、とっても楽しい作品でした。
このキャラって『ジウ』シリーズを踏襲したような設定なんですね~。
怖いらしいので、ちょっと手が出せません(汗)。

また合う記事がありましたら、TB、コメントお気軽にどうぞ。
これからも、よろしくお願いいたします。

投稿: 藍色 | 2007年12月11日 (火) 02時32分

藍色さん、おはよーございます♪
誉田作品、全部面白いのですが、基本的に必ずエゲツナイ死に方で人がいなくなります( ̄∇ ̄;)

ちなみに『ジウ』3部作の伊崎基子は、
『武士道シックスティーン』の磯山香織をそのまんま大人にさせて警察官になったような人です( ̄□ ̄;)
違うのは、
伊崎基子は、平気で人を殺します・・・(  ・_・  ;  )えっ?

投稿: つたまる | 2007年12月11日 (火) 09時33分

去年借りて読んだ中で、これは買ってもいいかも、と思えた一冊でした。
誉田さんのこの軽い感じの作風も、すごい好きです。壁にぶつかるところでは思わず目頭熱くなったし。

投稿: じゃじゃまま | 2008年1月 7日 (月) 22時43分

わ!
じゃじゃままさん、ようこそお越しくださいました(〃∇〃) てれっ☆
本年もよろしくお願いしまーす♪
ホントに意外な誉田作品ですよね~。
ときどき、こんな感じの作品出してくれればいいのに~★
今年も、誉田作品に注目ですね( ̄▽ ̄)σ

投稿: つたまる | 2008年1月 8日 (火) 10時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104291/9332261

この記事へのトラックバック一覧です: 『武士道シックスティーン』 誉田哲也:

» 武士道シックスティーン 誉田哲也 [粋な提案]
イラストは長崎訓子。デザインは池田進吾(67)。書き下ろし。 心は剣豪・兵法者、『五輪書』が座右の書、全中二位でも負けが悔しい磯山香織。区民大会で無名選手にまさかの敗北。勝者は…長く構えられること、上達や自分の... [続きを読む]

受信: 2007年12月11日 (火) 02時35分

» 「武士道シックスティーン」誉田哲也 [しんちゃんの買い物帳]
武士道シックスティーン誉田 哲也 (2007/07)文藝春秋 この商品の詳細を見る 3歳から剣道一筋で生きてきて、新免武藏に傾倒し全中で準優勝をした磯山香織。彼女の剣道とは、勝つか負け... [続きを読む]

受信: 2007年12月17日 (月) 23時25分

» 武士道シックスティーン 誉田哲也著。 [じゃじゃままブックレビュー]
誉田氏の青春ストーリー、私には初めてだった。でも今までの作品の中でも言い回しが女性的だったり、面白かったりしたので、ミステリでもサスペンスでもない青春物、確かに書けそうだもんね。 二人の少女剣士の物語。一人は凄腕(笑)で、常に勝敗にこだわり、相手に勝つこと、..... [続きを読む]

受信: 2008年1月 7日 (月) 22時39分

« 『社長をだせ!ってまたきたか!』 監修川田茂雄 | トップページ | 『はじめての文学 川上弘美』 文藝春秋 »